フラッシュ47
2003年7月25日


原発なき先進国イタリアの悩み


(財)国際貿易投資研究所
   欧州研究会委員
(元北海学園北見大学教授)
長手 喜典

  去る6月末から7月初めにかけて、イタリアの主要誌紙には、"Blackout"という英字が踊ったが、 かつて(1977年7月)のニューヨークの大停電を思わせるタイトルに目をひかれた。
  実際には、ローマで一時間とか一時間半程度の停電、ボローニャあたりでは皆無、 ミラノでもそう大きな被害は伝えられていない。 しかし、なかには、冷凍庫のものがとけだしたり、エレベーターに閉じこめられて、大騒ぎした市民も出た。 これは、普通の年ならまだ電力に余裕のある6月に、イタリア半島が何百年ぶりとも言われる猛暑に襲われたため、 電力需要が急増し、最大供給能力 5万5,250メガワットの限界まで需要が近づいたためである。
  イタリアでは、国民投票の結果、1988年末をもって原発は中止されており、 その後、15年近く慢性的な電力不足を抱えながら、フランス、スイス、スロベニアなどアルプスの向こうの隣国からの輸入で、 かろうじて電力需要をまかなってきた。

表1 イタリアのエネルギー源
  公称発電能力(Mw) 国産供給能力(Mw)
 水力 
 火力 
 地熱 
 風力 
20,439
55,100
    665
    746
13,450
34,750
    550
    200
合計 76,950 48,950

最大供給能力
  国産供給能力
  最大輸入量
55,250 Mw
48,950 Mw
 6,300 Mw
最大需要電力
(2002.12.2現在)
52,950 Mw
限界供給可能量 2,660 Mw
(出所:2003年6月28日 La Repubblica)

  イタリアは原発先進国フランスが主要輸入相手国で、同国に輸出余力がない場合は致命的事態となる。 今回も予定されていたフランスからの買電800メ ガワットをカットされたのが、直接的原因と言われる。
  もちろん、この辺の危機的意識がイタリアにないわけではない。 主要紙の論調なども、イタリア半島は電力マーケットという観点からすると、 EU市場から切り離されており、安全保障上はまさに孤島並と警鐘を鳴らしている。 欧州も大陸諸国は火力か水力か地熱か風力か、さらには原子力かと各国の自由な選択に任せているが、 イタリアには原子力という選択肢がない(表2参照)。 せいぜい議論されているのは、イタリア南部に大規模な火力発電所を建設するという、 まだ具体化されていない計画があるだけだ。

表2 種類別電力生産と電力消費(%)

(出所:2003年7月10日 Le'spresso)

  もう一つの問題は、イタリアの発電所は稼働停止状態のところが多い点である。 最近のL'espresso誌によると、発電能力のうち30%は休止しているし、 本格稼働は16ステーション中、わずか3ステーションとみられている。 また、ほとんどの施設がコスト高に陥っており、発電コストが優良と目されるのは、 ポルト・トッレ(サルジニア島)とブリンディジ(南伊プーリア州)だけと指摘している。
  ENEL(イタリア電力公社)のパオロ・スカトローニ社長は、12カ月以内に、 1,200メガワットを再稼働し、また、2年以内に1,600メガワットを 追加できると明言、 さらに、2004年中には、新たに5,000メガワットの供給を約束しているが、需要側は従来の実績から、 それをそのままには受け取っていない。
  そして、常にイタリア電力業界に潜在しているのは、原子力発電回帰へのノスタルジーである。 保守系の現ベルルスコーニ政権と、かつて、「オリーブの木」を率いた現EU委員長プローディとの間の原子力に対する考え方は、 明らかに相違している。原発の是非を蒸し返すことは、あたかもわが国の憲法9条をめぐる与野党の対立のように、 聖域を前にして足踏みしているようにも見える。 いずれにせよ、冷夏と原発再開のニュースで、電力不足がやや遠のいた感のあるわが国ではあるが、 先進国の中で東の日本と西のイタリアは、電力不足を抱える、まさに、列島と半島の2国であろう。