「東アジアのFTAとASEAN共同体(AEC)最新動向」セミナー


この度、当研究所はジェトロ大阪本部、関西経済連合会と共同で、発効済みの東アジア域内のFTAの概況やAECの最新動向についてセミナーを開催します。

東アジア地域ではASEAN中国FTA(ACFTA)や日ASEAN経済連携協定(AJCEP)をはじめとして様々なFTAが発効しています。2015年末にはASEAN共同体(AEC)の発足も控えており、これらのFTA/EPAや通関上のメリットをどのように活用するかは今後の日本企業の海外展開戦略において非常に重要となっています。

様々な分野で産業集積が進むタイを事例として取り上げ、タイ - ASEAN、タイ - 中国、タイ - 日本の貿易におけるFTA(EPA)の活用・運用状況について解説します。多数の皆様のご参加をお待ちしています。


※本セミナーは終了いたしました。多数のご参加、誠にありがとうございました。


1.主催・共催 :
    一般財団法人国際貿易投資研究所(ITI)、ジェトロ大阪本部、関西経済連合会



2.開催概要:
    日時:2015年12月4日(金曜)14時00分~16時00分
    場所:関西経済連合会 会議室 (大阪市北区中之島6丁目2番27号 中之島センタービル 29階)

    定員:100名(先着順)

    参加費:無料

    内容 :
      1.「ASEAN経済共同体(AEC)最新動向とAEC発足後の進出日系企業への影響」
        ジェトロ 海外調査部国際経済課長 椎野幸平氏

      2.「タイの対ASEAN、中国、日本貿易におけるFTAの効果とAECの影響」
        国際貿易投資研究所 主任研究員 吉岡 武臣