客員研究員

 荒木 義宏 (あらき よしひろ)
 
   (一般社団法人 国際人流振興協会 理事)

◆研究所における活動

・ITI調査研究シリーズ

  ミャンマーにおける産業人材育成ビジネスの可能性 (2015年)

◆主要著書・論文等

著書

1、「メイドインチャイナの衝撃」(共著)2001年11月(日本貿易振興会)

2、「東アジア国際分業の拡大と日本」(共著)2008年10月(同上)     <第3部>東アジアにおける日本の課題 ~アジア人材の活用~

3、「アジアの消費~明日の市場を探る~」(共著)2011年1月(同上)     第10章 ミャンマー~中間層の台頭と教育への投資

論文

1.2012年2月:ジェトロセンサー3月号特集「新興メコンの実力」~本格化するアジアのニューフロンティア~農業・食品加工産業の可能性大

2.2012年3月22日読売新聞朝刊:「論点」日本の国造り支援~ミャンマーに職業校を~

3.2012年7月:ジェトロセンサー7月号特別リポート「ミャンマーはどう変わるか その産業と消費市場」~ミャンマーの地場中小企業が台頭~

4.2013年1月:(財)貿易研修センターIIST WORLD FORUM メールマガジン連載 メコン圏と日本 No.10「ミャンマー経済を知るための重要なヒント」

5.2013年7月:「ASEANの産業人材育成ビジネスに関わる進出日系企業のニーズと人材育成事例」~総論、インドネシア、ミャンマーの事例、提言~

◆専門分野

・ミャンマーの経済投資環境分析

・東南アジア(特にミャンマーを中心とするメコン地域)における産業人材育成策(アジア人留学生就職支援、日本の専門学校のアジア展開など)

◆略歴

75年関西学院大学経済学部卒業。同年4月ジェトロ(日本貿易振興機構)入会。ジャカルタセンター(87年~92年)。ヤンゴン事務所初代事務所長(97年~01年)。広島事務所長(01年~05年)。05年本部海外調査部(メコン地域の特任調査担当主査)。13年ジェトロ退職後、同年5月(株)共同通信社ミャンマー経済グラブ企画顧問(~2016年4月)。2015年10月より(一社)国際人流振興協会にてジェトロ在職時のテーマである、「日本の専門学校のアジア展開」、「ミャンマーの産業人材育成」のため活動を継続中。