ITI・JETROセミナー
「2030年日本経済と産業・貿易の展望」
   ~日本産業連関動学モデル(JIDEA)による予測~


国際貿易投資研究所(ITI)は、日本産業連関動学モデル(JIDEA:産業連関表を基礎とする計量経済モデル※)を用い、少子高齢化の進む日本経済の15年後の姿をシミュレーションしました。一人当たりの消費は横ばいとしても、人口減により経済全体の規模は縮小せざるを得ません。高い経済成長が望めない状況で、製造業の海外移転、情報・通信革命の進展、医療・介護部門の拡大などを背景に、産業・貿易構造が2030年に向かってどのように変化するのか、構造変化を中心に概観しました。本調査結果の解説セミナーを開催します。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

〔※米国メリーランド大学経済研究所の協力・指導を受けて、ITIが構築したモデル。(http://www.iti.or.jp/jidea.htm)〕



開催概要:
  日時:2014年7月18日(金)13:30~15:30(受付時間:13:00~)
  会場:ジェトロ展示場 (東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル5階)
  地図: http://www.jetro.go.jp/jetro/profile/map.html (リンク先はジェトロのホームページです)

  内容 :
    1.「日本の貿易赤字をどうみるか(仮)」
        ジェトロ理事 長島忠之氏

    2.「JIDEAモデルの紹介とその推計結果の見方」
        国際貿易投資研究所 客員研究員 篠井保彦

    3.「予測の前提条件および2030年の日本経済の姿」
        国際貿易投資研究所 客員研究員 小野充人

    4.「日本の貿易構造はどう変わるか」
        国際貿易投資研究所 客員研究員 篠井保彦

  主催 :
    一般財団法人国際貿易投資研究所(ITI)、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)

  定員:100名(申込受付順)

  参加費:一般:4,000円(税込み)
              ITI会員:無料
              ジェトロメンバーズ・農林水産情報研究会の会員:1口につき先着2名様まで無料。
                3人目より4,000円(税込み)/人。

※本セミナーは終了いたしました。多数のご参加、誠にありがとうございました。


申込方法:
 【ITI会員】
ITI事務局までご連絡下さい。
TEL:03-5148-2601 FAX:03-5148-2677
e-mail :jimukyoku@iti.or.jp

 【一般、ジェトロメンバーズ・農林水産情報研究会の会員】
お申し込みは共催のジェトロのウェブサイト(イベント・情報ページ)よりお申し込みください。
http://www.jetro.go.jp/events/item/20140527060/