Last update  
2020年3月31日

お知らせ

◆季刊「国際貿易と投資」119号 特集『地盤低下する欧州』
  好評発売中
  年4回刊行(税込み1万円)



◆「米国通商政策リスクと対米投資・貿易」(大木博巳・滝井光夫・国際貿易投資研究所 編著)発行のお知らせ



◆ITI調査研究シリーズ

No.104 General Discussion on the Challenges and Direction of WTO Reform

No.103 A Lose-Lose-Lose Game: Brexitʼs Impact on Japanese Financial Institutions

No.102 ASEANの新たな発展戦略-経済統合から成長へ-

No.101 ASEANのインド太平洋構想(AOIP):求められる構想の具体化とFOIPとの連携

No.100 タイ経済とメコン

No.99 トランプ大統領の保護主義下における日本の米国事業戦略

No.98 WTO改革の課題と方向

  ※ 詳細はこちらをご覧下さい


◆中国・アセアン(タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム)に生産拠点のある御社!これから同地域へ進出をご予定の御社!ACFTA(中国・アセアン自由貿易協定)ご利用でコストダウンできます!
                >>>受託調査のご案内


ITI会員募集

ITIでは会員を募集しております。
会員の方には刊行物の無料配布、受託調査の割引、無料講師派遣などの特典がございます。

  ※詳細はこちらをご覧ください。

ITI紹介


 ・国際貿易投資研究所(ITI)とは?

 ・事業活動報告
  (情報公開のページ)

 ・調査研究の内容について

 ・運営組織について

 ・研究スタッフの紹介

 ・ITIパンフレット(PDFファイル)

 ・ITIセミナー・その他のご案内


ご意見・ご感想は、
webmaster@iti.or.jpまでお願いいたします

フラッシュ

調査研究の過程でみつけた興味深い情報や話題等を迅速に提供したり、時に研究員の視点で料理、加工してお届けする常設欄。

458
(3/27up)
ドイツ連邦議会 コロナ禍対策のための大規模補正予算を決定
国際貿易投資研究所 客員研究員 伊﨑捷治
457
(3/27up)
ITIタイ研究会報告(10)タイ経済における中国の影響~洪水のように押し寄せてくる中国果物と仲買人~
Trin Aiyara
456
(3/26up)
ITIタイ研究会報告(9)タイの経済・産業・インフラ開発・長期展望(2019年末時点の状況)~その3 タイ経済の長期展望:タイランド4.0の現状~
JIrada Prasartpornsirichoke
455
(3/25up)
ITIタイ研究会報告(9)タイの経済・産業・インフラ開発・長期展望(2019年末時点の状況)~その2 タイのインフラ開発と投資政策~
JIrada Prasartpornsirichoke
454 ITIタイ研究会報告(9)タイの経済・産業・インフラ開発・長期展望(2019年時点の状況)~その1 タイ経済の現状(2019年)~
JIrada Prasartpornsirichoke
453 新型コロナウイルス感染症:「パンデミック」宣言と欧州危機(その1)-爆発的感染拡大、経済社会翻弄、仏大統領「欧州は戦争状態」-
国際貿易投資研究所 客員研究員 田中友義
452 ITIタイ研究会報告(8)険しいタイの高所得国への道のり
~「タイランド4.0の課題と展望」~
広島大学 准教授 高橋与志

  過去のフラッシュ

季刊「国際貿易と投資」2020年3月6日更新

第119号
  特集『地盤低下する欧州』

タイトル 執筆者
1 ドイツ経済「黄金の10年」と欧州統合の弱体化~止まらない欧州貿易の地盤低下~ 大木博巳
2 欧州の競争力~スイス・北欧諸国等の強みと日本との違い~ 増田耕太郎
3 EU統合に対する最大の脅威・挑戦にどう向き合うか~中国「一帯一路」攻勢、米国「自国第一主義」圧力との闘い~ 田中友義
4 「マクロン流サミット」とG7の課題:首脳成果文書の検証を通じたビアリッツ会合の概要と評価 安部憲明
5 求められる輸出・経済協力主導の成長戦略~米中・日米貿易協定、新NAFTAやインド太平洋構想の相乗効果を活用~ 高橋俊樹
6 節目と変化の時代を迎えた中国経済 江原規由
7 トルコ経済の課題~困難な中進国の罠からの脱却~ 小野充人
主要国のサービス収支(2018年)

バックナンバー


Google
WWW を検索 ITIホームページ内を検索

ITIコラム

新型コロナの米国の対中政策、日米貿易協定、USMCAへの影響~日本はチャイナ+1と輸出の拡大を目指せ~

…日本が貿易黒字を持続し、日本経済の成長に貢献するためにも、輸出数量の伸びを高める必要があるが、現実には何らかの要因により輸出の勢いに強さが見られない。


>>>全文はこちらへ

(一財)国際貿易投資研究所
研究主幹 高橋俊樹

 

◆過去のコラム

・全ての貿易協定に反対なサンダース候補と原則として支持するバイデン候補~注目される大統領選での民主党候補者の通商問題への対応~

世界経済評論

世界経済評論
  2020年3・4月号
 【特集】「世界経済後退:企業リスクと活路」

世界経済評論IMPACT
   大局を読み“今”を切り取る



◆世界経済評論誌研究者欄の第5回論文募集


   詳細はこちらをご覧下さい

直接投資統計

世界主要国の直接投資統計集

 I.概況編(2019年版)

世界主要国の直接投資統計集

 II.国別編(2019年版)

ITI国際直接投資マトリックス(2019年版)

  詳細はこちらへ


国際比較統計 2019年4月10日更新


I.直接投資
II.貿易
III.サービス貿易
IV.マクロ経済統計等
V.季刊誌等の掲載統計

ITIの日本産業連関動学モデルの概略
 2017年4月16日更新

予測結果の統計データ(実績値および推計値)

詳細はこちら

In English

リンク集  
 
公益財団法人JKA自転車等機械工業振興事業に関する補助事業の概要

 
  〒104-0045
  東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル3階
  <Tel: 03-5148-2601 / Fax: 03-5148-2677>
  地図はこちら