Last update  
2016年5月26日

お知らせ

◆季刊「国際貿易と投資」103号 特集『メコンはチャイナ+1、タイ+1の機会を生かせるか』発行のお知らせ


季刊「国際貿易と投資」100号記念増刊号 『変革を待つWTO,拡大深化するFTA』

  ※ 詳細はこちらをご覧下さい



◆ITI調査研究シリーズ

No.37 Mekon Supply Chain Study Country Report~Vietnam~

No.36 Mekon Supply Chain Study Country Report~Myanmar~

No.35 日本のTPP貿易 RCEP貿易

No.34 電子部品・デバイスの貿易からみたグローバル・サプライチェーンと情報技術協定(ITA)

No.33 新生インドの「モディノミクス」とFTA戦略~アクト・イースト政策で東アジアと経済連携~

No.32 TPPのASEANへの影響

  ※ 詳細はこちらをご覧下さい


◆中国・アセアン(タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム)に生産拠点のある御社!これから同地域へ進出をご予定の御社!ACFTA(中国・アセアン自由貿易協定)ご利用でコストダウンできます!
                >>>受託調査のご案内


ITI会員募集

ITIでは会員を募集しております。
会員の方には刊行物の無料配布、受託調査の割引、無料講師派遣などの特典がございます。

  ※詳細はこちらをご覧ください。

ITI紹介


 ・国際貿易投資研究所(ITI)とは?

 ・事業活動報告
  (情報公開のページ)

 ・調査研究の内容について

 ・運営組織について

 ・研究スタッフの紹介

 ・ITIパンフレット(PDFファイル)

 ・ITIセミナー


ご意見・ご感想は、
webmaster@iti.or.jpまでお願いいたします

フラッシュ

調査研究の過程でみつけた興味深い情報や話題等を迅速に提供したり、時に研究員の視点で料理、加工してお届けする常設欄。

279
(5/25up)
ブラジル、問われるテメル暫定政権の力量-カギ握るメイレレス財務相の手腕
国際貿易投資研究所 客員研究員 堀坂浩太郎
278 C型肝炎の特効薬・ソバルディの国別販売価格-新薬開発と必須医薬品の供給の共存を目指す-
国際貿易投資研究所 客員研究員 増田耕太郎
277 米財務省、外国為替政策報告書を発表―新設した「監視リスト」
国際貿易投資研究所 客員研究員 滝井光夫
276 TPPにおける日本の農林水産物の関税引き下げ-税率維持の品目は市場開放の関税割当枠とセット-
国際貿易投資研究所 主任研究員 吉岡武臣
275 米EU環大西洋貿易投資連携協定(TTIP)交渉の行方(その3)-スピードが上がらない交渉、年内の合意は無理か-
国際貿易投資研究所 客員研究員 田中友義
274 TPPは機械・繊維の輸出に追い風~金属鋳造用鋳型枠、マシニングセンター、Tシャツの新たな戦略を探る~
国際貿易投資研究所 研究主幹 高橋 俊樹
273 対外関係修復に精力、アルゼンチンのマクリ新政権―南米南部に“新風”を―
国際貿易投資研究所 客員研究員 堀坂浩太郎

  過去のフラッシュ

季刊「国際貿易と投資」2016年3月2日更新

第103号(2016年春号)
  特集『メコンはチャイナ+1、タイ+1の機会を生かせるか』

タイトル 執筆者
頑張りすぎ? 畠山襄
メコン地域におけるクロスボーダー生産分業の胎動
  ~メコンはチャイナ+1、タイ+1の機会を生かせるか~
大木博巳
メコン地域における経済回廊と日系企業の展開 藤村学
韓国企業のメコン地域戦略 -ベトナムを中心に- 百本和弘
カンボジアのアパレル縫製業と輸出産業の多様化
  ~”タイ+1”、”チャイナ+1”の機会を生かせるか~
増田耕太郎
ホーチミン都市圏における産業人材育成:
  日本の支援による教育研究機関の取り組みを事例に
高橋与志
新常態下における「供給側改革」と「国際産能合作」の意義
  ~「一帯一路」戦略との関係を踏まえて~
江原規由
東アジアの貿易におけるFTA利用状況~利用できる品目が限られるAJCEPによる輸出~ 高橋俊樹
ユーロはチェコとスロバキアを分かつのか~ユーロが銀行市場に与える影響とは~ 川野祐司
資金協力が支える中国の対中南米経済戦略 内多允
軽工業製品の米国市場にみる中国製品のシェア低下   -『脱』中国の行き先は、ベトナムが目立つ-
日米輸入市場における軽工業品の輸入状況  衣類等(ニット製)・衣類等(非ニット)・履物類・玩具・スポーツ用品

バックナンバー


Google
WWW を検索 ITIホームページ内を検索

ITIコラム

中国企業における『男』と『女』の関係

・・・中国では、そんな多様な企業再編を、よく、男女の関係(即ち、恋愛、結婚、離婚、そして、その後)に例えて説明するケースが多い。こちらの方が、如何にもわかりやすく、かつ、現実感がある。


>>>全文はこちらへ

(一財)国際貿易投資研究所
研究主幹 江原規由

 

なぜ日本は米国よりも一人当たり購買力平価GDPの順位を下げるのか
 ~米国を除くTPPよりも大きい米国の購買力~

・・・米国が日本ほど一人当たり購買力平価GDPの順位を下げないのは、相対的に物価が上昇しているにも関わらず、個人所得(一人当たり名目GDP)の伸びが高いからだ。


>>>全文はこちらへ

(一財)国際貿易投資研究所
研究主幹 高橋俊樹

 

◆過去のコラム

・中南米で広まるジカ熱感染症

世界経済評論

世界経済評論
  復刊第3号
 【特集】「米国の挑戦<積年の社会問題と太平洋新時代>」

世界経済評論IMPACT
   大局を読み“今”を切り取る


直接投資統計

世界主要国の直接投資統計集

 I.概況編(2015年版)

世界主要国の直接投資統計集

 II.国別編(2015年版)

ITI国際直接投資マトリックス(2015年版)

  詳細はこちらへ


国際比較統計 2016年3月22日更新


I.直接投資
II.貿易
III.サービス貿易
IV.マクロ経済統計等
V.季刊誌等の掲載統計

ITIの日本産業連関動学モデルの概略

予測結果の統計データ(実績値および推計値)

詳細はこちら

リンク集  
 
公益財団法人JKA自転車等機械工業振興事業に関する補助事業の概要

 
  〒104-0045
  東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル3階
  <Tel: 03-5148-2601 / Fax: 03-5148-2677>
  地図はこちら