Last update      
2014年10月17日

お知らせ

◆中国・アセアン(タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム)に生産拠点のある御社!これから同地域へ進出をご予定の御社!ACFTA(中国・アセアン自由貿易協定)ご利用でコストダウンできます!
                >>>受託調査のご案内

「国際貿易と投資」第97号を発行いたしました

米国の貿易(BEC財分類表)公表

◆世界主要国の直接投資統計集
   II.国別編(2014年版)


ITI会員募集

ITIでは会員を募集しております。
会員の方には刊行物の無料配布、受託調査の割引、無料講師派遣などの特典がございます。

  ※詳細はこちらをご覧ください。


「海外ビジネス余話」原稿募集

ITI連載コラムとして「海外ビジネスに関する成功・気づき・失敗談」を募集いたします。「これだけは語り継ぎたい」海外ビジネス体験をお寄せください。

  ※詳細はこちらをご覧ください。

コラム
『海外ビジネス余話』

No.1 エジプト企業と日本のフードフランチャイズ交渉

川合 麻由美
(パートナー・コンサルタント 在カイロ)

ITI紹介


 ・国際貿易投資研究所(ITI)とは?

 ・事業活動報告
  (情報公開のページ)

 ・調査研究の内容について

 ・運営組織について

 ・研究スタッフの紹介

 ・ITIパンフレット(PDFファイル)


ご意見・ご感想は、
webmaster@iti.or.jpまでお願いいたします

フラッシュ

調査研究の過程でみつけた興味深い情報や話題等を迅速に提供したり、時に研究員の視点で料理、加工してお届けする常設欄。

212
(10/17up)
アフリカ消費市場展望(9)ブラック・アフリカン向け製品開発...ロレアル
国際貿易投資研究所 研究主幹 大木 博巳
211 メガFTAとしてのRCEP ~その意義と課題~
国際貿易投資研究所 客員研究員 石川 幸一
210 ASEAN経済共同体の進捗状況を評価する
国際貿易投資研究所編
209 ECB(欧州中央銀行)のターゲット長期オペ(TLTRO)は空振り
国際貿易投資研究所 客員研究員 川野 祐司
208 AFTAの完成とASEAN域内企業立地の再編成-ベトナムトヨタの悩ましい「2018年問題」-
国際貿易投資研究所 客員研究員 春日 尚雄
207 ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から-
国際貿易投資研究所 客員研究員 石川 幸一
206 アフリカ消費市場展望(8)ダーバン港からハラレ(ジンバブエ)まで~物流の問題点
国際貿易投資研究所 研究主幹 大木 博巳

  過去のフラッシュ

季刊「国際貿易と投資」2014年9月11日更新

第97号(2014年秋号)

 

タイトル 執筆者
自由貿易の受益者 畠山襄
インド政権交代の背景とモディ新政権の行方 山崎恭平
メガFTAの潮流と日本の新通商戦略 馬田啓一
中国のFTA戦略の行方 江原規由
2013年におけるACFTAとAFTAの品目別の関税削減効果 高橋俊樹
2008年以降のECB(欧州中央銀行)の危機対策 川野祐司
反移民・反EUポピュリスト政党躍進の経済的・社会的背景-欧州議会選挙とフランスの事例からの検証- 田中友義
国際投資仲裁判断の中国における執行問題 梶田幸雄
海外水ビジネスへの日本企業の参入 高多理吉
バングラデシュにおけるソーシャル・エンタープライズ、BRAC~社会的企業の原点を探る 大木博巳
リローカリゼーション(地域回帰)の時代へ(12)NGOのリローカル化運動(3):フェアトレードタウンの展開(後編) 長坂寿久
Ⅰ. 中国の税関区別貿易額
Ⅱ.中国の対ロシア貿易(税関区別)
  拡大する中国の国境貿易輸出

バックナンバー


Google
WWW を検索 ITIホームページ内を検索

ITIコラム

ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(最終回) 農民と企業の双方がWin-Winとなるビジネスモデル

…農村市場の開拓に着手するには、まず、農村市場でブランドロイヤルティを育てることから始めるべきである。日本ブランドに対して好印象を持っているミャンマーでは、日本企業は有利な立場にある。


>>>全文はこちらへ

(一財)国際貿易投資研究所
研究主幹 大木博巳

 

◆過去のコラム

・メガFTA活用の支援体制を急げ

・ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(3) 農家が直面している問題

調査研究報告書

これまでの調査研究例

◆平成25年度報告書
詳細はこちらへ


直接投資統計

世界主要国の直接投資統計集

 I.概況編(2013年版)

世界主要国の直接投資統計集

 II.国別編(2014年版)

ITI国際直接投資マトリックス(2013年版)

  詳細はこちらへ


国際比較統計 2014年10月1日更新


I.直接投資
II.貿易 
III.サービス貿易
IV.マクロ経済統計等
V.季刊誌等の掲載統計

ITIの日本産業連関動学モデルの概略

2030年の日本経済・産業の姿 (PDFファイル)

予測結果の統計データ(実績値および推計値)

詳細はこちら

リンク集  
 
公益財団法人JKA自転車等機械工業振興事業に関する補助事業の概要

 
  〒104-0045
  東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル3階
  <Tel: 03-5148-2601 / Fax: 03-5148-2677>
  地図はこちら