客員研究員

 山元 哲史 (やまもと てつし)
           (株式会社 現代文化研究所 企業産業調査領域リーダー・上席主任研究員)

<現代文化研究所とは>

1968 年10 月設立の"自動車と自動車産業"を専門領域とするユニークなシンクタンク。自動車を軸とした研究領域は、自動車市場予測、政策動向モニタリング、企業・産業・環境調査、国内・海外マーケティング調査、中国の産業調査など。(社)日本自動車工業会、トヨタ自動車株式会社及びダイハツ工業株式会社などが主要顧客に名を連ねている。


◆研究所における活動

・季刊「国際貿易と投資」

  自由貿易体制の拡大・深化に備え輸出産業強化に注力するインド ~インド自動車部品の事例~(季刊107号、2017年)


◆主要著書・論文等

著書

『アジアの消費』(共著、ジェトロ 平成23年1月)

『東アジア国際分業の拡大と日本』(共著、ジェトロ 平成20年10月)

論文

「日本の自動車産業・同部品産業の構造変化と競争力強化策-インド・タイ等の新興国低価格車市場から考える日本企業の競争力- 第1章2節 インド自動車産業における外資系企業のポジション」(機械振興協会経済研究所 平成23年3月)

「中国地域自動車産業クラスター事業:各国自動車産業の動向と進出・取引にあたっての留意点等 Ⅱ.韓国の自動車産業の動向と進出・取引にあたっての留意事項」(経済産業省中国経済産業局 平成24年3月)

「世界経済危機後のアジア生産ネットワーク:加速する自動車メーカーのアジア・シフト」(ジェトロセンサー 平成22年8月号)

「世界経済危機後のアジア生産ネットワーク~東アジア新興市場開拓に向けて~第4章 東アジア生産ネットワークの現状と再編に向けた企業の取り組み(業種編) 第3 節 自動車産業」(ジェトロ海外調査部 平成22年7月)

「東アジアの自動車産業:不況下で変革迫られる」(ジェトロセンサー平成21年5月号)

「急進するアジア市場と主要自動車メーカーの調達・生産・供給戦略」(ジェトロセンサー平成19年12月)

◆専門分野

・自動車産業全般

・自動車メーカー、同部品メーカーの経営・事業戦略分析