調査研究の内容について

 世界の貿易、投資についての調査研究

  1.  企業のグローバル化による世界の貿易・投資構造の変化、技術革新の実態と世界経済
     に及ぼすインパクトなどについて調査研究しております。


  2.  WTOの発展、地域経済圏・自由貿易地域の形成等による世界の貿易、投資への影響
     などについて調査研究しております。


  3.  地域経済の活性化や対日投資に関わる問題について調究しております。

 <研究課題>


 世界の産業と企業活動のグローバリゼーションについての調査研究

  1.  企業のグローバル化についての調査、特に海外事業活動の実態に関する調査研究を
     行っております。


  2.  国際的な産業の再編成、各国の産業構造の変化などの調査研究を行っております。


  3.  企業の直接投資を通じた生産拠点のシフトなどによるグローバル化、発展途上国の
     工業化への貢献などの総合的な調査研究を行っております。

 <研究課題>

 産業連関モデルによる国際産業競争力分析

 米国メリーランド大学(INFORUM)を中心にした世界24機関が共同で実施する産業連関分析
 プロジェクトの日本側のパートナーとして、当研究所が構築した「産業連関ダイナミック経済
 モデル(JIDEA)」による国際産業競争力分析を行っております。


 統計分析・加工

  1.  世界の国、地域別の貿易構造の変化を分析しております。


  2.  世界の国、地域別の直接投資の動向を分析しております。


  3.  日本の地域別、品目別貿易指数を作成しております。

 内外の研究機関等との交流

 研究所が自ら設定するテーマに基づく調査研究のほか、外部のニーズに即した研究を行って
 おります。その際、内外の研究機関などとの交流を積極的に行っております。

  1.  外部の有識者から構成される研究委員会を設置し、産業界、学界、官庁、調査研究機関
     などの参画を広く求め調査研究をしております。


  2.  内外の民間企業・研究機関等から研究員を積極的に受け入れております。


  3.  海外の研究者および研究機関等との交流並びに国際共同研究を行っております。
     (メリーランド大学、Economic Information Center of Jiangsu Province,China 等)