客員研究員

 春日 尚雄 (かすが ひさお)
           (福井県立大学 地域経済研究所 教授)

◆研究所における活動

・季刊「国際貿易と投資」

  ASEANの繊維産業と日本-中国一極集中の低下とFTA利用-(季刊99号、2015年)

・フラッシュ

  踊り場のメコン経済…現状と展望(1) 日系企業のタイ+1は一服状態(2016年8月30日)
  ミャンマー・ダウェイ開発の現状と課題(2016年3月18日)
  AFTAの完成とASEAN域内企業立地の再編成
    -ベトナムトヨタの悩ましい「2018年問題」-(2014年9月26日)

◆主要著書・論文等

著書

(単著)『ASEANシフトが進む日系企業-統合一体化するメコン地域-』文眞堂、2014年

(共著)

平川均・石川幸一・山本博史・矢野修一・小原篤次・小林尚朗編著『新・アジア経済論』(分担執筆)「アジアの生産ネットワークと地域統合」文眞堂、2016年

助川成也・高橋俊樹編著『日本企業のアジアFTA活用戦略』(分担執筆)「中小・中堅企業によるFTA利用」文眞堂、2016年

石川幸一・馬田啓一・朽木昭文編著『アジアの開発と地域統合:新しい国際協力を求めて』(分担執筆)「ASEANの地域統合と産業集積」日本評論社、2015年

石川幸一・馬田啓一・高橋俊樹編著『メガFTA時代の新通商戦略:現状と課題』(分担執筆)「国際物流が目指すサプライチェーンの効率化-メコン地域における越境インフラ整備がもたらすもの-」文眞堂、2015年

石川幸一・朽木昭文・清水一史編著『現代ASEAN経済論』(分担執筆)「ASEAN連結性と格差是正」「ASEANと電機電子産業」文眞堂、2015年

坂田幹男・唱新編著『東アジア新興市場圏と地場産業』(分担執筆)「拡大メコン経済圏(GMS)における越境交通網整備と企業立地」晃洋書房、2015年

石川幸一・清水一史・助川成也編著『ASEAN経済共同体と日本』(分担執筆)「ASEAN連結性の強化と交通・運輸部門の改善」および「ASEAN経済共同体とエネルギー協力」文眞堂、2013年

論文

「ASEAN地域統合とメコン地域開発-交通・運輸分野の改善とAEC2025に向けて-」『海外事情』2015年4月号、拓植大学海外事情研究所、2015年

「日本、中国による対ASEAN直接投資動向-CLM3カ国への投資をめぐる両国の相違-」『東南アジアのグローバル化とリージョナル化Ⅲ』亜細亜大学アジア研究所・アジア研究シリーズNo.84、2014年

「メコン地域開発によるインフラ整備とASEAN連結性の強化」『海外事情』2013年12月号、拓殖大学海外事情研究所、2013年

「ASEANにおける交通・運輸分野改善がもたらす「接続性」の強化-ASEAN経済共同体(AEC)に向けた取り組みの柱として」『ASEAN経済共同体(AEC)の創設と行動計画の進展状況について』国際貿易投資研究所、2013年

◆専門分野

・ASEANの経済と日本企業進出
・メコン地域のインフラ整備と地域開発