◆季刊 国際貿易と投資

「季刊 国際貿易と投資」は、当研究所のスタッフによる研究成果の一端について、ご紹介するものです。最新のものは次の通りです。 なお、第48号より「ITI季報」の名称を変更するとともに、A5版サイズに変更しました。

<No.111> 特集「日中韓台の経済相互依存関係の変容」 2018年3月発行

  タイトル 執筆者
ECHO GATT最大の受益国か? 畠山 襄
論文・
研究ノート
1 日中韓台の相互貿易の発展と対中依存リスク 大木 博巳
2 韓国の対日、対中経済関係の変容~緊密化の中で構造変化を遂げた韓国経済~ 百本 和弘
3 中国・台湾・韓国の北東アジア地域からの対日投資~多様化する日本への進出~ 増田 耕太郎
4 台湾企業のチャイナ・プラスワン~海外人材の活用を重視する工作機械メーカーの国際化戦略~ 藤原 弘
5 改革開放40周年と習近平体制の総括と展望~新時代に入った中国の特色ある社会主義建設の道~ 江原 規由
6 EPAよりも多いTPPの利用可能な品目~東アジアの貿易におけるFTAを利用できる輸入額と品目数~ 高橋 俊樹
7 米国の国境税調整問題と税制度改革 岩田 伸人
統計 北東アジアを対象とした日本の国・地域別国際収支
研究所だより 活動報告

<No.110> 特集「一帯一路、国際産能合作とアジア~中国企業のアジア進出~」 2017年12月発行

  タイトル 執筆者
ECHO 日米2国間FTAを締結せよ 畠山 襄
論文・
研究ノート
1 2017年から見た一帯一路構想の展開~アジアの視点を中心に~ 江原 規由
2 中国の国際産能合作と対アジア輸出・投資 大木 博巳
3 マレーシアにおける「一帯一路」戦略 小野沢 純
4 事例からみた近年の中国企業の対ASEAN投資 増田 耕太郎
5 北部ベトナムにおける非日系企業の躍進と交通インフラの整備 春日 尚雄
6 機が熟す日中韓の経済協力~東アジアでの自由貿易体制を強化する好機~ 高橋 俊樹
7 EUの不良債権問題 川野 祐司
8 「和食」と持続可能な水産資源 児玉 徹
統計 中国貿易統計からみるASEAN貿易
研究所だより 活動報告


2018年 No.112 「ASEANの貿易と投資~現状と展望~」
  No.111 「日中韓台の経済相互依存関係の変容」
2017年 No.110 「一帯一路、国際産能合作とアジア~中国企業のアジア進出~」
  No.109 「ドイツ化する欧州、欧州統合の再構築」
  No.108 「トランプ政権の通商政策とその影響」
  No.107 「国家、産業・企業の競争力」
2016年 No.106 「世界経済のリスクとチャンス」
  No.105 「グローバリゼーションと反グローバリズム」
  No.104 「日本を巡るFTAと日本経済の長期展望」
  No.103 「メコンはチャイナ+1、タイ+1の機会を生かせるか」
2015年 No.102 「世界貿易はどう変わるか」
  No.101 「日本の貿易・直接投資、回顧と展望(続)」
  100号記念増刊号 「変革を待つWTO,拡大深化するFTA」
  No.100 「日本の貿易・直接投資、回顧と展望」
  No.99      
         
2014年 No.95 No.96 No.97 No.98
         
2013年 No.91 No.92 No.93 No.94
         
2012年 No.87 No.88 No.89 No.90
         
2011年 No.83 No.84 No.85 No.86
         
2010年 No.79 No.80 No.81 No.82
         
2009年 No.75 No.76 No.77 No.78
         
2008年 No.71 No.72 No.73 No.74
         
2007年 No.67 No.68 No.69 No.70
         
2006年 No.63 No.64 No.65 No.66
         
2005年 No.59 No.60 No.61 No.62
         
2004年 No.55 No.56 No.57 No.58
         
2003年 No.51 No.52 No.53 No.54
         
2002年 No.47 No.48 No.49 No.50
         
2001年 No.43 No.44 No.45 No.46
         
2000年 No.42